日別アーカイブ: 2016.11.28

オリゴ糖の種類

オリゴ糖には約20種類もあると言われています。小腸で消化されてしまうタイプと、大腸まで届いてしっかり働いてくれる難消化性のオリゴ糖の2つに分かれています。当然どちらも腸内環境を良くする働きはありますが、それぞれの個性があるのでバランス良く取ることが大切とも言えるのです。ここでは3種類の代表的なオリゴ糖をご紹介しましょう。

ラクトオリゴ糖はとても人気のあるオリゴ糖ですが、これは難消化性タイプです。食品としてはタマネギ、ニンニク、アスパラガス、ゴボウなどや蜂蜜などに少量含まれています。大腸の中の善玉菌の増殖を応援する働きがあり、便秘解消、血糖値が上がるのを抑える働きがあり、そのほかにも老化防止、ミネラル補充、動脈硬化予防などにも期待されています。

次にガラクトオリゴ糖ですが、これも人気のあるオリゴ糖で難消化性タイプです。これは母乳に多くふくまれているオリゴ糖です。ラクトオリゴ糖は植物性でしたが、このガラクトオリゴ糖は動物性のオリゴ糖ということになります。こちらも腸内の善玉菌の増殖をサポートし、腸内環境を改善してくれます。タンパク質の吸収をサポートし、脂肪燃焼を促進サポートという効果によってダイエットにもおすすめです。

他にも乳果オリゴ糖というものもあります。ラクトスクロースとも言われており、天然のサトウキビから抽出されるしょ糖と牛乳の乳糖を結合させたオリゴ糖となり、難消化性タイプです。やはり大腸内の善玉菌の増殖を応援します。カロリーも低く、そのわりに普通の砂糖の60~80%の甘さがあるので、ダイエットにもおすすめです。